風 山 堂

(foussin's diary)

フィクション

やあ、ようこそ僕のブログへ。

僕には、どうしても知りたいことがあったんだ。
だけど、ググっても全然見つからなくて。
それで仕方なく、自分の足で調べ、やっと探し出したよ。それは…



  (略)



…とまあ、こういう事なんです。

しかし。

Web で検索しても 1件もヒットしなかった。
この件について興味を持っているのは
世界中で僕 1人だけってことになるなあ。

ということは、この記事…
誰にも読まれないまま、情報の海に埋もれてしまうかもしれない。
でも、それでもいいと思っているんだ。

何十年後かに、この情報を求めて誰かが読んでくれるかもしれない。
その、未来のたった一人の読者のために
この記事を放置しておこうと決めたんだ。

人間は、いつかは死ぬ。それは僕も例外ではない。
僕がいなくなっても、この記事はずっと残して欲しいと願っています。


 彼の記事はここで終わり、それ以降、ブログが更新されることはなかった。



    …そして、50年もの月日が流れた。



 ブログの管理会社も、そのブログサービスも、奇跡的に健在だった。そして、彼のブログも放置され続けた。執筆者は既に故人となっていたが、記事を読んだ遺族が故人の意思を尊重したため、削除されずに済んだのだった。

f:id:foussin:20121106072314p:plain

  現在(2062年)、彼のブログには 5人の読者がいる。10年に 1人ずつ読者が増えた計算になる。だが、実際の読者はいつも 1人だけだった。読者の方も、4人は既に故人となっていた…

 彼のブログの処遇が、今後どうなるかは誰にも分からない。



 現在、ローカルドライブやクラウドのストレージには、膨大なテキスト、画像、動画などが蓄積され続けている。それらは単なるデータではない。言霊…と呼んでもあながち大袈裟とは言えない…そんな重いものも含まれている。

 そんなデータを預かる Web サービス会社の責任は、決して軽くはないぞ… と、最後はちょっと怖いオチで締めてみる(自分は詩人にはなれないな…)。

広告を非表示にする