読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風 山 堂

(foussin's diary)

ジョン・レノン没後32年…自分の記憶を検証

 この記事は、元々はアメブロに掲載したものだが、どうもアメーバは、自分の性分に合わず、途中でヤメてしまった(記事も全削除)。で、こっちで若干修正し、再掲することにした。



 1980年12月 8日、ジョン・レノンがニューヨークのダコタ・ハウス前で射殺されて、もう32年も経った。享年40歳。自分は、既に彼よりも長生きしている。今、改めてそれに気付いて、ちょっと複雑な心境だ。生きていれば72歳になるんだね。

 Wiki によると、撃たれたのは『22時50分』で、近所の『ルーズベルト病院で23時過ぎに死亡した』そうだ。日本とニューヨークでは時差が14時間あるので、日本時間では『12月 9日13時過ぎに死亡した』ことになる。

 この日、自分は、久米 宏氏が司会を務めるクイズ番組(ぴったし カン・カン)を家族と観ていて、その番組冒頭で久米氏がちょろっとジョン・レノンの死を伝え、まさに驚愕したことを、今でも鮮明に覚えている。

 Wiki で調べたら『ぴったし カン・カン』は TBSテレビ毎週火曜日 19:30 - 20:00 放映で、2本撮りの 1本目は『生放送』だったことが書かれていた。その日を調べてみると…

        [ 1980 December ]

        Su  Mo  Tu  We  Th  Fr  Sa
             1   2   3   4   5   6
         7   8   9  10  11  12  13
        14  15  16  17  18  19  20
        21  22  23  24  25  26  27
        28  29  30  31


…確かに12月 9日は火曜日だ。当時のネットワークを考えれば、日本にそのニュースが伝わるまでに 6時間もかかったのは仕方がなかっただろう。


 ところで、ジョン・ボーナムが死んだのも 1980年だった。その時自分は、当時は何処にでもあったレコード屋に居て、店内で流れていた FM放送によって知った。こっちも大ショックだったなあ。。。


今回は、オチも何もない。ただ、ログとして記録しておきたかった。それだけ…。