読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風 山 堂

(foussin's diary)

身の丈にあったブログ運営をしたい…

 ブログとは、書いている本人にこそ意味があるものだと思っている。


 SNS に対して居心地の悪さを感じ始めている人が少なからずいる。最初は楽しかった…なのに今は「こんなはずではなかった」…などと思っている人がけっこういる。


 ネットの世界では『ゲーム感覚』がメインストリームになっていて、失敗したらリセットしてやり直せば良い…という風潮が一般的。でも、ブログや SNS をいったん閉鎖して、別アカウントで 1 からやり直す…というのは、それを書き続けてきた本人にとっては『人生の一部を失うようなもの』だ。

 1 からやり直すなんて、出来ない相談だ。


 さて。

 ネットの世界には『セーフティネット』が無い…そう思いませんか。


 ブログの『購読解除』を、ツイッターの『ブロック』と同列のものとは考えないでほしい。最初は楽しかったブログ執筆が、ブログサービス会社が SNS との相互リンクをやり始めて、だんだん居心地が悪くなってきた。しかし、今さらブログを閉鎖する気にはなれない。ブログは、書いている本人にこそ意味があるものなのだから。

 そこで、ブログの『購読解除』を、セーフティネットとしてやり直すために使う…という方法を思いついた。購読解除を『ユーザーの当然の権利』として、ネット上で認知させることはできないだろうか。