読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風 山 堂

(foussin's diary)

金星とスピカ

 夕暮れ時、雲の間からキラリと光っている何か。飛行機だろ…と、いつも思って見過ごしてしまう。それが金星だったりする。そのぐらいの明るい星。…金星だと気がついて慌てて家に帰り、カメラを持って、また外へ飛び出した。


f:id:foussin:20130903231800j:plain

PENTAX X-5: f/3.1、1/8 sec、ISO-1600、換算 22 mm、
日時:2013.09.03 Tue 18:32

 東の空は、まだ、この明るさ。AUTO-PICT モードで撮影(カメラ任せ)。カメラの現像エンジンに助けられたみたい。1/8 秒で手持ち撮影なんて、普通じゃ有り得ないと思うし。よく見ると、けっこうブレてるんだけどね。


f:id:foussin:20130903231835j:plain

PENTAX X-5: f/5.3、1/25 sec、ISO-6400、換算 169 mm、
日時:2013.09.03 Tue 18:37

 西の空には、金星。金星の左に見える点は、おとめ座のスピカ。


f:id:foussin:20130903231912j:plain

PENTAX X-5: f/4.4、1/4 sec、ISO-1600、換算 87 mm、
日時:2013.09.03 Tue 18:48

 場所を移動。電源を入れ直して再びカメラ任せモードで撮影。電源を入れ直した時、前回設定が復帰した状態になるのは、だんだん日が沈んでいく状況では、逆に使いづらいと感じた。

 街灯の位置関係から、坂の上からのアングルなのが分かると思う。けっこう交通量がある場所なので、ヘッドライトやテールランプが乱反射して、逆に不思議な写真になった。結局、カメラに助けられてる。オートマ撮影も悪くないか…


f:id:foussin:20130903231956j:plain

PENTAX X-5: f/5.6、1/15 sec、ISO-6400、換算 243 mm、
日時:2013.09.03 Tue 19:00

 これだけ Mモード & MF(無限遠)で撮影。ここまで暗くなると、オート撮影はさすがにムリ(昼間みたいな画像になってしまう)。ビルの真上に微かに見えるのがスピカ。


 三脚を忘れたのは失敗でした。ただし、まだリベンジのチャンスがある。↓


f:id:foussin:20130903232028j:plain

(国立天文台『今日の星空』より)

 09/08、今度の日曜日。夕方 18時頃、土星(0.6等級)、金星(-4等級)、三日月、スピカが接近する。天気が良ければ、ぜひ撮りたい。ただ、東京の夜空では、たかが知れてる… それに、その時間は、我が家では夕食の時間なんだな… 忘れてしまう可能性が大きい。。。

広告を非表示にする