読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風 山 堂

(foussin's diary)

ハーブ・アルパートの往年のヒット曲が音楽配信で買えるようになったらしい…

 久し振りに YouTubeハーブ・アルパートを聴いていたら『iTunes』『Google Play』のリンクが付いていた。クリックしたら、アルバム『Rise(1979年)』『Magic Man(1981年)』の音楽配信が始まっていた。とりあえず mora, iTunes, Google Play での配信を確認した。

 今まではショートバージョンの Rise しか配信してなかったので本当に嬉しい。アルバム『Rise』『Magic Man』は共に CD はとっくに廃盤になっていて、特に Magic Man の CD は日本では発売しなかったようなので(?)、中古市場でとんでもないプレミアがついてしまっていた(CD 1枚で 5万円以上…)。

 中古価格では権利所有者にロイヤリティは入らないと思うので、データ配信は市場の健全化に貢献すると思う。

 これでやっとオフラインでマンハッタン・メロディが聴ける…LP盤のリリースから 35年も経ってしまった。まだ買ってないけど(いったん冷静になってから購入を検討する)。

 

追記:『レコチョク』でも配信を確認しました。

ジャン・クリストフより引用

 いかなる民族にも、いかなる芸術にも、皆それぞれ虚構がある。世界は、些少の真実と多くの虚偽とで身を養っている。人間の精神は虚弱であって、純粋無垢な真実とは調和しがたい。その宗教、道徳、政治、詩人、芸術家、などは皆、真実を虚偽の衣に包んで提出しなければならない。それらの虚偽は各民族の精神に調和している。各民族によって異なっている。これがために、各民衆相互の理解がきわめて困難になり、相互の軽蔑がきわめて容易となる。真実は各民衆を通じて同一である。しかし各民衆はおのれの虚偽をもっていて、それをおのれの理想と名づけている。その各人が生より死に至るまで、それを呼吸する。それが彼にとっては生活の一条件となる。ただ数人の天才のみが、おのれの思想の自由な天地において、男々しい孤立の危機を幾度も経過した後に、それから解脱することを得る。

ジャン・クリストフ ロマン・ローラン作 第四巻 反抗/一 流沙
岩波文庫豊島与志雄 訳/第三巻 24頁 2行目より)

f:id:foussin:20160109170228j:plain

 今年の成人の日は 1/11。明後日だ。それに因んでそれっぽいネタにしてみる。上記の一節は、自分が若い頃に読んで気に入って、厚紙にコピーして本の栞にしていた(写真右の紙はコピー元の台紙…先日大掃除をしていたら出てきた)。

 上記の一節は他人を攻撃するための文章ではなく、自分自身を律するための文章になっている。自分もこの文章によって何度も戒められた(おそらくは著者自身をも束縛した言葉だろう)。自分を律する言葉との出会いによって人は思慮深さを身に着ける。

はてなブログで JavaScript のスライド表示

前回のスライド表示のソース(要点のみ):

<p>
<!-- ここに画像を表示(0.JPG は初期値の画像) -->
<img name="hiyo_dori_slide"
    src="http://domain.jp/usr-name/image/hiyo-slide-550px/0.JPG"
    alt="ヒヨドリ" width="550" height="387">
</p>

<p>…記事…</p>

<!-- 記事本文の最後に JavaScript コードを記述 -->
<script type="text/javascript">
my_num = 0;
function changeImage() {
  ++my_num;
  my_num %= 22;
  document.hiyo_dori_slide.src =
    "http://domain.jp/usr-name/image/hiyo-slide-550px/" +
    my_num + ".JPG";
}
setInterval('changeImage()',1750);
</script>

 はてなブログでこんな風に記述するだけで OK。<head>~</head> 内ではなく、ブログの記事本文に記述しても一応表示できるようだ。これは HTML5 風の記述だが、読み込み時に自動的に xhtml 形式に変換される(はてなブログxhtml 形式らしい)。

 普通のブログでは head ブロックには記述できないし、onload で読み込むのも無理なので、これはありがたい。はてなブログでは『設定 - 詳細設定』で head ブロック内に追記が可能らしいが、1つの記事のためだけに head に記述するのもどうかな、と思うし…。

 ただ、写真は『はてなフォトライフ』ではなく、自分のホームページ・スペースに置いた。はてなフォトライフの写真を使うとアップロード時にファイル名が変わってしまって面倒臭くなるので。写真は 0.JPG ~ 21.JPG の計22枚を用意している(剰余演算に反映)。

 あと、ご覧の通り html 直入力なので…。そんで、ちゃんと表示できるようになるまでに、けっこう色々とハマったので、それを紹介しておきます。

  • img 要素… id 属性ではなく、name 属性を使う(ブラウザ依存の問題?)
  • img 要素… 画像サイズはブログ本文スペースの width 以内とする
  • img 要素… 画像の拡張子は ".jpg" か ".JPG" かを正確に指定
  • JavaScript… 変数名には - (ハイフン)は使わない(代わりに _ を使う)
  • JavaScript… ブログ内で変数名が衝突しないように気を付ける
  • name属性、id属性… ブログ内で名前が衝突しないように気を付ける

 気を付けるべきは、こんなところかな。これでうちの環境では FirefoxChrome、Edge で表示確認しました。ちなみに、コードは以下のサイトを参考にしました。↓

◆ スライドショー
我が家のスライドショー
http://www.scollabo.com/banban/java/jvsample_003.html