読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風 山 堂

(foussin's diary)

そういえば昨日は、旧暦七月七日だった

 『上弦の月』は旧暦では、毎月 7~8日頃になる。で、今晩が上弦の月だ。上弦の月は西の地平線に沈む時間が早く(今晩なら 22時40分頃)、月明かりの影響を受けにくいので、夜中に星を見るにはいい時節だ。


 ペルセウス座流星群が見れなかったとしても、夜中に晴れてくれれば、うっすらと天の川が見えるかも… 見えなかったとしても、織姫星(ベガ)、彦星(アルタイル)が一段と映えて見えると思う。七夕伝説と上弦の月は、密接に関連している。


 ベガ、アルタイル(わし座)、さらにデネブ(はくちょう座)を加えれば、夏の大三角になる。今晩、もし晴れたら、流星群のことはひとまず忘れて、夜の散歩に出かけてみるのも一興かもしれない。夏の大三角は 22時半ぐらいで、だいたい天頂に輝いているはず。